いつものごはんにプラスワン!野菜で健康、ベジタブルサポート

\どんな野菜を使っているの?/

ベジタブルサポートには、かぼちゃ・にんじん・ブロッコリー・しいたけ4 種類の野菜を使用しています。 これらの野菜には多くの抗酸化物質が入っており、加齢により増える活性酵素(老化の原因)を抑え、アンチエイジング効果が期待できます。 人と同じく野菜の栄養素を摂る事は、ワンちゃんやネコちゃんにとっても健康であり続けるために必要な事です。

かぼちゃ

かぼちゃ

β-カロテン・ビタミンC・ビタミンE・食物繊維が豊富に含まれていることから、抗酸化効果に優れており、免疫力の向上や老化防止などの効果が期待できます。ビタミンEの含有量はごまの約2倍も入っており、血液循環を良くする効果もあります。その他にも体内でビタミンAに変換されるため、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持などに役立つとされています。

にんじん

にんじん

抗酸化作用の強いβ-カロテンの含有量が野菜の中でとび抜けて多く、さらに抗酸化力が強いα-カロテンも含んでいるので、細胞の老化や生活習慣病の予防に役立つとされています。またにんじんに含まれる食物繊維はコレステロールや有害物質の排出に役立つとされています。その他にもカボチャ同様、体内でビタミンAに変換されるため、毛髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持などに役立つとされています。

ブロッコリー

ブロッコリー

機能性野菜の王様とも呼ばれるブロッコリーはビタミンCの含有量が非常に多く、疲労回復、かぜの予防、ガン予防、老化防止などの抗酸化作用の働きが強いとされています。血圧を正常に保つ働きを持つビタミンK、皮膚や粘膜の保護に役立つビタミンAも多く含まれています。さらにブロッコリーには体内では生成されない必須アミノ酸BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシンの総称)が多く含まれており、筋肉の形成にも効果が期待できます。

しいたけ

しいたけ

新陳代謝を活発にさせるエリタデニンはしいたけ特有の成分であり、コレステロールの体外排出を促進する作用や動脈硬化予防の働きがあるとされています。多糖類のβ-グルカンや他キノコにはないレチナインを含有しており、免疫機能増強にも期待されています。乾燥しいたけに含まれるビタミンDはカルシウムの吸収を助ける働きがあります。また、不溶性食物繊維が多く含まれていますので、それによって腸の動きを活発にさせる働きがあります。


ベジタブルサポートトライアルセット
野菜が苦手
どんな野菜を使っているの
野菜が苦手
どんな野菜を使っているの
商品ラインナップ
ご愛用者様の声
ドッグトレーナー須﨑大さんインタビュー
ご愛用者様の声
ドッグトレーナー須﨑大さんインタビュー